肘のケアに重曹が使えるのは本当?

肘の黒ずみは重曹である程度和らげる事ができます。
家庭にある方もいるでしょうし、試してみてはいかがでしょうか。

 

なぜ重曹が効くのか?

重曹には研磨効果があり、例えば食器の汚れ除去やキッチンの清掃などに役立ちます。
その他にも使い道はまだまだたくさんありますよね。

 

そして重曹の研磨効果は、黒ずみの要因の1つである
不要な角質を除去するためにも役立つのです。

 

また、人間の皮膚は弱酸性で、重曹はアルカリ性なので、
両者が接触すると中和されます。

 

中和されると、詰まり込んだ角質や皮脂を除去しやすくなるので、
肘に蓄積した汚れや角質を取り除くために効果的だと言われているのです。

 

重曹の使用方法

重曹を皮膚にそのまま塗布するわけではありません。
そのまま塗布すると刺激が大きすぎますので、オイルや水に溶解させて、
ペーストを作ります。

 

そして、ペーストとなった重曹をパック感覚で肘などに乗せて、
しばらく待機します。10分〜15分程度経過したらぬるま湯で入念に流して下さい。

 

これだけで完了です。

 

また、お風呂に入るときにボディーソープや石鹸の泡に
重曹を一つまみ混ぜるという手段もあります。
その後は、普段通りその泡で身体を優しく洗うだけです。

 

そして、どんな方法であっても重曹でケアした場合は、
いつも以上に念入りに皮膚を保湿してください。

 

重曹に関する注意点

重曹が強力であるという事は確かですが、その分皮膚への刺激もそれなりに大きいです。
皮膚が弱い方の場合は、重大なダメージになるケースもあります。

 

ですから、肘の黒ずみを治したくても、
使用頻度は最大でも7日に1度くらいにしておきましょう。

 

そして、効果の面でも安全面でも、確実性を求めるのであれば、
やはり普通の黒ずみケアアイテムを使った方が無難です。

 

ですから、ごくごく軽度の肘の黒ずみを治す場合は重曹でも良いと思いますが、
重い黒ずみであったり、黒ずみを確実に治したいと思ったりした場合は、
少し出費してでも、専用のアイテムを用いるようにしましょう。