肘が黒ずみならコチラのケアで解消

おしゃれは顔や服装だけではなく、外から見えやすいところはきれいにしたいもので、
そのひとつに肘があります。
肘は試すと分かりますが、自分では見えないので、黒ずんでいることに気がつきにくいのです。
しかし一旦気がつくと、肘の黒ずみは気になりますから、きちんとケアをしましょう。

 

 

黒ずみ解消は原因を知ること

肘の黒ずみを解消したいと、ナイロンタオルなどで強くこすると、かえって黒ずみがひどくなります。
これが黒ずみの原因のひとつで、つまり強くこすることで、肘を摩擦し、刺激するからです。

 

また、何か考え事をする時にデスクやテーブルに肘をつく癖があると、
肘に体重がかかり、それが圧力になり肘の皮膚を刺激します。

 

さらに、肘の手入れが悪いと角質が分厚くなり、毛穴も詰まります。
そうすると、代謝が不完全になり、やはり黒ずみができてしまいます。

 

 

原因が分かれば対策も分かる

このように肘の黒ずみの原因は、摩擦と刺激、圧力ですから、
簡単に言えば肘を刺激しないことと、角質を硬くしないことが黒ずみ対策です。
人の皮膚は外から刺激されると、それを本能的に防ごうとする物質である
メラニン色素が体内で生成されて、それが皮膚に沈着しますが、この色素が黒いのです。

 

具体的なメラニン色素対策

メラニン色素は皮膚内に沈着しますから、それを洗っても取り去ることはできません。
洗い落とそうとナイロンタオルなどで強くこすると、それが刺激になり、逆効果です。
血行を良くして、肌の新陳代謝をスムーズにして、ターンオーバーで皮膚の細胞を入れ替えましょう。

 

 

そうすればメラニン色素が消えていきます。
また、美白効果がある重曹を水でペーストにして、それで肘をパックすることで黒ずみが改善されるでしょう。
この際には優しくマッサージをすると、より効果的です。

 

そして、大切なのは保湿で、重曹ペーストでマッサージした後で洗い流したら、
水分を拭き取ってから保湿クリームなどで保湿することです。
これを続ければ肘の黒ずみは消えるでしょう。

 

肘の黒ずみでは病院に行くべき?

肘の黒ずみが出来た時は、
「セルフケアをする」「皮膚科で治してもらう」「自然治癒を待つ」
などの対応に分かれると思います。

 

2つ目の「皮膚科で治してもらう」という事に抵抗を抱く方もいるかもしれませんが、
医療機関には行くべきなのでしょうか。

 

皮膚科は非常に有効です

当たり前かもしれませんが、皮膚科に診てもらえば早めに治る事が多いです。
皮膚科では、強力な塗布薬を出してもらえるので、
それによって黒ずみの軽減を高効率で進めてくれます。

 

ですが、それでも数か月程度の時間は掛かりますし、
良く効く薬である事は確かでしょうが、その分薬品代も積み重なっていく事になります。

 

さらに、レーザー治療で肘の黒ずみを治してくれるところもあります。
料金は高くなりなりますが、数週間程度で完治する場合もあります。

 

ですから「とにかく治したい!」と願うのであれば、
皮膚科はかなり役に立ってくれるはずです。

 

ですが皮膚科に診てもらうべきなのは、かなりエスカレートしている黒ずみのみです。
軽度の黒ずみであれば、セルフケアでも十分治せます。

 

 

セルフケアもれっきとしたケアです

最近は、店売りの黒ずみケアクリームにも、薬効成分が入っているものが多々あり、
皮膚科で出してもらえる薬剤には負けますが、それでもかなりの効き目を望めます。
ですから、セルフケアもれっきとした手段であると言えます。

 

また、家の中にある道具でも最低限のケアはする事が出来ます。

 

肘の黒ずみに要因は、

・乾燥によって皮膚がくすんだから
・UV(紫外線)などのせいで、メラニンが増加したから
・肘の角質が蓄積して硬化し、不要な角質が剥がれないから

などですから、これらに気を付けて肌ケアを進めていけば良いのです。
原則として、上記の要因の対となるような、

・保湿をして乾燥を防止する
・UVに気を付ける
・角質をきちんと除去する

などのケアが有効と言えます。

 

常日頃肌ケアを行っている方であれば、行うのも簡単だと思います。

 

とはいえ、黒ずみを排除するには得てして時間を要するものですし、
肘の黒ずみとなると、顔などよりもターンオーバーにも時間を要しますので、
それなりに腰を据えて頑張る必要があります。

 

 

セルフケアも十分有効であるという事がお分かりいただけたかと思います。
医療機関を頼る前に、ご自身で色々とケアをしてみるのも良いでしょう。

 

 

更新履歴